failしたときに使いたい言い訳ランキング

クソ記事

f:id:yahoomi:20150625123204j:plain

 

 

Dota2とblamer,flamerは切っても切れない関係。

つまり暴言から上手く回避することこそ、solo rankedに求められる重要な要素なんだ。

 

それでは言い訳に使えるフレーズランキングいきまーす。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5位:lag 
まあ王道。
500 ping fuck valveと付け加えることで、あたかもサーバーの調子が悪いせいでfailしたかのような空気を作り出し、味方の怒りの矛先をサーバーへと向ける。
もしコンソールからpingを確認してくるようなら、packet lossと切り返すことでやり場のない怒りを与えることができる。
高い汎用性を持つがゆえに、どうせ言い訳なんだろと思われがち。
 
 
 
 
4位:CD
使わないといけなかったはずののスキルが使えなかったときに有効。
大胆にもスキルがCDだったと事実を捻じ曲げる勇気が必要。
 
 
 
 
3位:mouse problem
明らかな操作ミスでも、デバイスの動作不良だったという毅然とした態度をとることが大切。
応用としてkeyboard problem,monitor problem,chair problem,desk problem
 
 
 
 
2位:this is disaster
自分の大failによりteam wipeしてしまった際に有効。
さも偶発的な出来事であったかのように振る舞うことで、味方にこれは仕方なかったんだと錯覚させる。
 
 
 
 
1位:this gank....
単純にミニマップを見てなくて死んだだけだが、語尾の"...."という意味深な余韻により、ただならぬ事情があったかのように醸し出す。
本当に、ただミニマップ見てなかっただけ。
 
 
 
 
 
番外編:▶Relax, you're doing fineを連投
最終手段。
上記の言い訳を持ってしても、執拗に煽って来る味方がいるときに有効。
かわいそうな人と思われることと引き換えにmuteして貰える。
あえて感情を逆なですることで相手からコミニュケーションを遮断させるのが狙い。
いかにこの人とは関わりたくないと思わせれるかがポイント。
 
 
 
 
 
sry my bad
 
広告を非表示にする